ウェブ妄想論(仮)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
人工知能搭載のケータイがソフトバンクから登場!?
ソフトバンクモバイル、人工知能型アプリ搭載した変形する携帯電話「フォンブレイバー 815T PB」




 ソフトバンクモバイルは2月27日、テレビ番組のキャラクターをモチーフとした携帯電話「フォンブレイバー 815T PB」を4月下旬以降に発売すると発表した。

 フォンブレイバー 815T PBはテレビ東京系6局ネットで4月2日夜7時より放映が開始される予定の新番組「ケータイ捜査官7(セブン)」に登場するキャラクター「フォンブレイバーセブン」「フォンブレイバーゼロワン」をモチーフにした携帯電話だ。カラーバリエーションは「X07(ゼロナナ)シルバー」「X01ブラック」の2色。

 フォンブレイバー 815T PBは同梱されるパーツ「フォンブレイバーパーツ」を装着することで番組に登場する「フォンブレイバー」へと変形(トランスフォーム)する。フォンブレイバーパーツは手足の関節が動かせるため、さまざまなポーズを楽しむことができる。

 また、人工知能型待ち受けアプリ「バディトーク」を搭載する。待ち受け画面にさまざまな表情を表示し、携帯電話が持ち主に対し話しかけたり質問したりすることでミュニケーションを深めることができる。日々の会話などを通じて、携帯電話が持ち主の行動を学習し、それに応じた内容で話しかけてくるなど、携帯電話が成長していく。

 ソフトバンクからドラマとのタイアップをした携帯電話が発売されるそうです。
 
 この「フォンブレイバー 815T PB」は別パーツを付ける事によってドラマに登場する携帯電話型のキャラクターに変身して、色々なポーズを取らせる事ができるそうです。
 可愛いような間が抜けているような何とも言えないデザインです。。。

 しかも、どうやら形だけでなく人工知能機能付きの待ち受けアプリ『バディトーク』というのが付いていて、携帯電話と会話を楽しむ事ができるようになっているそうです。
 とは言え今の人工知能のレベルを考えると本のおまけ程度の機能なんでしょうが。。。

 しかしシャア専用ケータイといい、どうやらソフトバンクはこういうネタ物がお好きなようですね。


▼関連記事

ロボットに変形するケータイ──人工知能も備えた「フォンブレイバー 815T PB」(ITmediaNews)
他にもドラマと連動したゲームが色々と遊べるそうです

次世代ケータイは人工知能が鍵になる(港区赤坂四畳半社長)
人工知能と言うと大袈裟なものを想像してしまいますが、実際は知能があるように振舞えるというレベルが今の技術の限界であり、目標となっています

大手広告代理店も注目する「人工無脳」(ウェブ妄想論)
11/15の記事。機械的なアルゴリズムで単純な動作をする装置を人工無能といいます。自分で学習するかどうかというのが人工知能との大きな違いですね
| モバイル | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
モバゲータウンが無料ゲームSNSから総合ポータルサイトに変化!?
モバゲータウンは「総合ポータル」 CMで訴求(ITmediaNews)

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は、「ゲーム&SNSサイト」として訴求してきた携帯電話向けサービス「モバゲータウン」を、2008年から「ケータイ総合ポータルサイト」と位置付け直してテレビCMなどでアピールし、ゲームに興味がない層や、20代以上のユーザーを増やしていく。
1月31日まで放映する新CM 従来のCMはゲームを中心に紹介していたが、1月1日から放映を始めた新CMは、ポータルサイトとしての機能を前面に出し、ニュースや天気予報、乗り換え案内、ECなどをニュース番組風に紹介する。

 今もっともモバイルサイトの中で勢いのあるDeNAの人気サイト「モバゲータウン」が本格的にポータルサイト化を目指すようです。

 本来はモバゲータウンは名前が表す通り無料ゲームを売りにしたサイトでしたが、今ではSNSやケータイ小説など特に10代をターゲットにして次々と規模を大きくして成長してきました。

 ところが、未成年が有害サイトのアクセスを制限するフィルタリングサービスについて原則加入が決定されるなど、今後は10代のみをターゲットにした運営は難しくなる事が考えられ、もっと上の世代にもターゲットをシフトする必要が出てきました。
 今回の多少急とも思える方針の変換はこういった事情があるようです。
 
 今のところモバイルの大手ポータルサイトは存在していないのでこれが成功すれば、モバイルネット業界にも大きな影響を及ぼしそうですが一体どうなるでyしょうか?

▼参考記事

モバゲー、「未成年はミニメール使用制限」など新ルール(ITmediaNews)
昨年12/11の記事。運営側も対策を練っていますが根本的な解決は難しいですね。法整備も遅れている事も原因の一つではないでしょうか。
| モバイル | 03:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「iKnow!」がモバイル対応開始!
英語学習SNS「iKnow!β版」にケータイ対応版──「iKnow!モバイル版」(ITMediaNEWS+Dモバイル)


 セレゴ・ジャパンは12月11日、英語学習SNS「iKnow!β版」を刷新し、携帯での利用にも対応した。利用料は無料。
 iKnow!は旅行からビジネス、留学まで、さまざまなレベルに対応するチャネルを用意する英語学習サービス。新たに開始した携帯向けの「iKnow!モバイル版」はPC版と連携が図られ、PCで学習した続きを呼び出して学習できる。
 そのほかパーソナル・ポッドキャスティング機能を備え、iPodなどの携帯音楽プレーヤーへ内容を転送して学習できるようにもなっている。


 以前紹介した無料英語学習サイトの「iKnow!」ですが、携帯電話でも同じように利用できるようになりました。
 
 単にモバイル版が出来たのと違うところは、PC版と連動していて学習状況を共有できるという事です。
 これで外出時の空いた時間に復習をしたり、出掛けの外出先で学習を進めたりとますます利用しやすくなりますね。 

 ちなみにこの「iKnow!」は2007年10月にサービスを開始したばかりというのにブログで爆発的にに流行して、すでに2万5千人ものユーザーがいるそうです。
 日本国内だけで100万人のユーザーを目指すとの事ですが見事実現するのでしょうか。
 

▼参考記事

学習した内容がそのまますぐに Podcast で復習できるから、 iKnow! を続ければ英語が定着しそう(Going My Way)
ポッドキャストを利用しての「iKnow!」の使われ方が詳しく書かれています。必見です!
※12/18追記


iKnow!はなぜ無料なのか?、そしてSocial Learning Revolutionとは?(みたいもん!)
セレゴ・ジャパン株式会社の代表取締役会長アンドリュー氏へのインタビュー記事。動画も掲載されているので是非見てください。

遊びながら自然に学べる英語学習の新しい形 iKnow!(Going My Way)
「iKnow!」について詳しいやり方の説明が書かれているのでまだ試していない方は見てみてください。有料ソフトとして販売されていてもおかしくない程の充実ぶりです。

進化型英語学習SNSの「iKnow!」がモバイル対応開始(CNETJapan)
今後は広告や学習エンジンのライセンス提供による収益なども見込んでいるそうです。
| モバイル | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
モバゲータウンの「DeNA」東証1部に上場
DeNAが東証1部に(ITmediaNEWS)



 東京証券取引所は12月5日、ディー・エヌ・エー(DeNA)の上場市場を、12日付けで市場第1部に変更すると発表した。2005年2月16日のマザーズ上場から約2年10カ月での市場変更となる。
 同社は携帯電話向けゲーム&SNSサイト「モバゲータウン」が好調で、業績が拡大している。5日株価は、前日比7000円高(+0.82%)の86万円。終値ベースの時価総額は4162億円となり、マザーズで最大。

 あのモバゲータウンで有名な株式会社DeNAがついにマザーズから東証1部に市場変更しました。
 なんとDeNAの平成18年4月1日から平成19年3月31日までの売上高は141億円にもなり、前年の売上高の64億円と比較して2倍以上の値になるそうです。
 
 モバゲータウンと言えば無料で出来るゲームのサービスだけでなくSNSやケータイ小説などの数多くの若年層向けのサービスを手掛ける大手ポータルサイトです。

 普通であれば携帯向けサービスというのはほとんどPC向けサイト上で語られる事は無いのにも関わらず、モバゲータウンに関してはPC上でも頻繁に語られる事からもその注目度の高さが伺えます。

 また、モバゲータウンだけに目が行きがちですが、アフィリエイトや携帯電話オークション、ECなどの各種サービスなどの分野でも順調に売り上げを伸ばしているそうです。

 新しいテレビコマーシャルも始まったばかりで、まだしばらくはDeNAの快進撃は進みそうですね。 

▼参考記事

若年層向けSNS「モバゲータウン」を運営するDeNAが東証一部に上場(GIGAZINE)
株式会社ミクシィの平成19年3月期の決算における売上高は52億円とのことです。

DeNAが語るイノベーションの“DNA”(ITmedia BIZ.IZ)
11/22の記事。DeNAの代表である南場社長は業界では珍しい女性社長でありこういうメディアのインタビューも非常に多い印象を受けます。

モバゲーは知ってるけど、SNSは知らない──高校生のケータイ利用の実態は(ITmediaNEWS)
11/30の記事。高校生の内でモバゲータウンを使っているのは二人に一人で、知らない人はたったの6.1%だそうです。

DeNA、業績予想上方修正--「モバゲータウン」TVCMで伸び(CNETJapan)
7/27の記事。TVCMを利用しているネット関連企業というのは非常に珍しいですが、大きな効果があったようです。今も新しいTVCMが始まっていますね。
| モバイル | 23:46 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
ゾンビちぇき!、ピザちぇき!……お次は「サンタちぇき!」
今度はサンタに変身──「サンタちぇき!」開始



 サンタちぇき!は「顔ちぇき!」を利用したサービス。ユーザーが顔写真を携帯メールで送信すると、顔ちぇき!の顔デコ機能で写真を自動的に加工した顔写真が返信されるもの。今回のサンタちぇき!は、頭部や鼻、口の位置を中心にサンタクロース風な変身装飾を加える。

 顔ちぇき!で一世を風靡したジェイマジックから新たに「サンタちぇき!」という期間限定の新サービスが始まりました。
 名前の通り、顔写真を送ると顔認識技術によりヒゲや帽子や眉毛が付けられたサンタ顔にしてくれるサービスです。

 ところで、サンタクロースの衣装が赤と白なのはコカ・コーラの広告にサンタが使われたときに同社のイメージカラーである赤と白が使われた事に由来しているのをご存知でしょうか?
 そういった訳で、この「サンタちぇき!」はコカ・コーラとのタイアップキャンペーンで、結果ページからはコカ・コーラのサイトに飛べるようになっているそうです。



 さて、今まで話題になった「顔ちぇき!」と他社とのタイアップキャンペーンと言えば

『ピザちぇき!』   ……(ピザハットとのタイアップ)
『ゾンビちぇき!』  ……(映画バイオハザード靴箸離織ぅ▲奪廖
『香りちぇき!』   ……(通販のニッセイとのタイアップ)
『HotPepperちぇき!』……(HotPepperとのタイアップ)

など様々なものがありました。

 考えてみると、普通であれば一過性のブームで終わりかねない『顔ちぇき!』ですが、このように継続的に話題性のあるタイアップキャンペーンを行なう事でいつまでもユーザーに忘れられる事なくサービスを続けていく事ができているのでしょう。

 12月25日までの期間限定なので、是非ともチャレンジしてみてください。

▼参考記事

5ヶ月で7000万人が使った携帯サイト『顔ちぇき!』の今後の戦略
モビデック2007セッションのレポート記事。ジェイマジック社長の宮田氏のインタビューが載っています。
※12/13追記

株式会社ジェイマジック プレリリース(@Press)
リンク先の下部に実際にサンタ顔に加工されている写真があります。
| モバイル | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【書評】大人が知らない携帯サイトの世界 〜PCとは全く違うもう1つのネット文化〜
 皆さん、次の言葉をご存知だろうか?

「グーグル」「ユーチューブ」「ミクシィ」「セカンドライフ」

 おそらく多くの人は、これらのうち2つ以上は見たり聞いたりしたことがあるだろう。では次の言葉はどうだろうか?

「プロフ」「モバ」「パネェ画」「メーリス」

(中略)

 同じインターネット発の言葉であるにもかかわらず、PC発の言葉は大きく取り上げられて非常に知名度が高いのに対し、携帯電話発の言葉はほとんど知る人がいない、というのは何故だろうか?

 本書はタイトルにもあるように、子供は知っている、だけど大人は知らない携帯サイトの世界を紹介した本です。
 携帯サイトのネガティブな面を捉えている本が多い中、本書ではあくまでも中立的な立場から(しかし若干好意的に)「何故そのモバイルサービスが流行ってきたのか」や「何故その情報が大人は知らないのか」を伝えています。

 本書では、普段はインターネットはPCで行い、路線検索やmixiぐらいでしかケータイでネットをしない世代(20代後半以降)をPC世代と呼び
普段からインターネットはケータイを使い、むしろPCではインターネットをしない世代をケータイ世代と呼んで区別しています。
 そして、PC世代とケータイ世代の時間や情報発信に対する意識の違いや、そこから生まれるウェブサービスの違いについて言及しています。

 ここで注意して欲しいのが、子供だからケータイを使っていて、大人だからPCを使っているというそういう単純な違いでは無い事です。あくまでもケータイ世代は『世代』であってインターネットに対する物の捉え方そのものがPC世代とは大きく違っているという事実です。
 特に携帯サイトを運営している人は、『どうせ今の高校生だって大人になればPCを使うようになる』と楽観的に考えず、携帯電話とPCの特性の違いや、同じようでいて実は大きく違っているネットの仕組みを知る必要があるかと思います。
 
 また、何故PC世代にケータイサイトの情報が入って来ないかというと、基本的にPCサイトとケータイサイトの情報というのはそれぞれPC間、ケータイ間で閉じてしまっているので、外に情報が出てこないせいだといいます。
 実際にITmediaNEWS等でも、紹介されるケータイの話題と言えばほとんどがキャリアに関する事やPC上で既に有名な企業の話でした。
 そういった点でも本書は普段知ろうと思っても知る事の出来ない携帯サイトについて勉強するのにうってつけの本だと思います。 
 
 少なくとも、冒頭にも挙げた4つの携帯サービスのうち1つでも知らない物があった人は本書を読んでみてはいかがでしょうか。

▼参考記事

書評 - 大人が知らない携帯サイトの世界(404 Blog Not Found)
僕の書評を読んで気になった方は是非ともこちらの書評も読んでみてください。本書の目次も記載されてるので非常に参考になります

女子中高生のプロフ利用は「約半数」--メディアシークの携帯有害サイト意識調査
プロフの使われ方については本書でも詳細に書かれています。有害サイトというイメージが強いですが、女子中高生にとっては情報発信のインフラとして重要な役割を持っているようです。
※11/1追記

会員400万人、月間14億PVを達成!女子高生の間でブレイク中の「前略プロフィール」最新事情 (MarkeZine)
「プロフ」に関するニュース。400万人というとニコニコ動画にも匹敵する数ですが、これだけ流行っているサイトでもほとんど情報は流れてこないですね

画像たっぷりのスタイリッシュな携帯サイト作成ツール「しっかりページ作成ナビ」(MarkeZine)
高校生が自分のwebページを作るのが一般的になっているというのは意外でした。本書ではこの事についても触れらています

モバゲー、検索連動型広告を導入--オーバーチュアを採用(CNETjapan)
モバゲーはPC世代にも有名なサイトですね。既に携帯小説にも参入していますし、おそらくここがもっともケータイとPCの両方に精通している企業では無いでしょうか

Googleモバイル、PC向けとの違いは(ITmediaNEWS)
ちなみに本書でも検索のインターフェイスの違いについて詳しく言及されています。予測変換機能の存在やキャリアの違いなども大きく影響しているそうです
| モバイル | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
携帯サイト「ヒマツブソ」で空き時間を有効に
ヒマツブソ〜あなたの暇をつぶします〜



 今日は「ヒマツブソ」という携帯用サイトを紹介します。
 このサイトでは携帯からはてなブックマークの人気エントリーを見る事が出来るので、移動時間の合間などのちょっとした空き時間にヒマを潰すにはまさにもってこいのサイトとなっています。

 普通の携帯ではPC向けのサイトは見れないものですが、このサイトではGoogleの変換プロキシを使って携帯でもはてブが見れるようになっているらしいです。
 また今回の改良で新たに「ブックマーク機能」が追加されたようなので、まさにはてブと同じように使う事ができます。
 
 僕も普段は電車の中では本を読んでいますが、うっかり本を持っていくのを忘れた時は本当に長時間やる事がなくってしまうのでこういうサイトは非常に嬉しいです。
 ちなみに「ヒマツブ」ではなく「ヒマツブ」なのでご注意を。


↑ちなみにこれは「ひつまぶし」

 元々は「自分専用の暇つぶしツールを作ればいいや」という考えで出来たものらしいですが、Youtubeなども元々は自分達が使って便利なサイトをという事から始まっているのでこれからの発展に期待です。

 ただしパケット代はもちろんかかってしまうのでパケ放題にしておくのをお忘れないように。。。 

▼参考記事

koress.jpについて(koress.jp)
製作者のコレスプロジェクトの自己紹介です

ちょっとした時間に暇をつぶすための携帯サービス「ヒマツブソ」をはじめました。(koress.jp)
サービス開始の6月7日のエントリーです

携帯で暇をつぶすためのサービス「ヒマツブソ」をもう少し便利にしました。あと、新聞に載ったようです。(koress.jp)
調べてみたのですがどの新聞に載っていたのかは結局わかりませんでした。。。
| モバイル | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アニメ未放送の地域にだけネット配信をする新技術「エリアキャスト」
アニメ未放送地域限定でアニメ動画をネット配信--アイレボ(CNET Japan)



インターネットレボリューションは10月12日、同社が運営するポータルサイト「i-revo(アイレボ)」で、新技術「エリアキャスト」の運用実験を実施すると発表した。
 エリアキャストは、携帯電話とブロードバンド回線に接続されたパソコンを連動させ、携帯電話の位置特定機能で視聴者の位置情報を特定することにより、地域を限定して動画や音声のコンテンツを配信する技術。
 今回の実験では、エリアキャストを利用し、現在いくつかのローカル局で放送を行っているアニメ「スカイガールズ」全26話を、地上波テレビ放送地域外に限定してインターネットで配信する。(CNET Japan)

 アニメが未放送の地域だけを対象としてネットでの無料配信を行なう試みという事ですが、首都圏に住んでいる人にとってはあまり実感の沸かない話題ですね。
 それはともかく携帯のGPS機能を使って未放送地域かどうか判断するというシステムは非常に面白いと思います。

 技術的には充分に可能な事でしょうが、実際に運用するとなると視聴するまでに面倒な手順を踏まなくてはいけなくなるぶん視聴率にどう影響がでるかが問題ですね。
 おまけにYoutubeやニコニコ動画などの動画共有サイトに違法アップロードをされていたりもするのでなかなか厳しそうですね。

 


 ただQRコードを利用しての位置情報確認は思っているよりも簡単そうなので(下記参考記事を参照)、そこまではストレス無く動画視聴できそうです。
 ところで書かれていないので分からないのですがGyaoみたいにCMは途中に入るのでしょうか?それともサイト上の広告でまかなうのでしょうか?

 今回の試みはやはりネット配信に消極的なテレビ局との補完が目的らしく、今後はアニメ以外の分野に関しても応用を目指しているようです。
 位置情報が詳細に分かればテレビ放送よりもより効果的なセグメント広告が配信も出来るので、今回の実験が上手くいけばマーケティング面でも大きな成果をあげる事ができるのではないでしょうか。

 今では路線検索や天気予報などでもGPS機能を使って現在地域の情報を得る事ができますが、携帯のGPS機能ってもっと色々と使い道ありそうですね。

▼参考記事

「エリアキャスト」実験(スカイガールズ)(どん・すたんだーど・たいむ)
i-revo開発部の方のブログ。実際の動画視聴までの視聴手順の動画付き回折や、なぜ地域限定なのかという事についての説明等が書かれています

放送地域「外」だけにアニメ無料配信 携帯で地域特定(ITmediaNEWS)
「エリアキャスト」の技術面での協力はCRNフォーラムとIIJという会社が行なっているそうです

新技術「エリアキャスト」で、アニメをテレビ放送地域外限定ネット配信(i-revo)
「i-revo」公式サイトでのエリアキャストについての説明

アニメが放送されてない地域限定で動画を無料配信するサービス開始(GIGAZINE)
さらにここの関連記事からアニメの説明に飛べます。ロボットアニメなのかな

スカイガールズ公式ページ
エリアキャストでネット配信されるアニメ「スカイガールズ」の公式ページ
| モバイル | 22:54 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>



SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES


RECENT COMMENT

http://www.gremz.com/

RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
RECOMMEND
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS